FC2ブログ


スポンサードリンク

Vol.36 DIYにてリフォーム-28(天井塗装(補修):2011年05月01日)

2018年08月30日 23:08

不動産投資物件の「DIY:リフォーム」本日2011年05月01日(日)の作業内容です。

本日は、コンソメチップス(兄)一人での作業になります。

作業内容は、天井の塗装の補修になります。

前回の「Vol.35 DIYにてリフォーム-27(天井塗装(2回目):2011年04月23日)」で、塗装は、終了の予定でしたが、天井を見ると、なんとなくクラック・穴が目立ちます。

一応、塗装前に大きなクラック等は、コーキング材で埋めたんですが・・・やり足りなかったようです。
っと言うことで、本日は、目立つクラック・穴を埋めて塗装のし直しとなります。

クラックと穴を埋めるのは、コーキングと思ったら手持ちがないので、コンクリートボンドで代用してしまいました。
要は、下地にクラック、穴と言った、切れ目がなければいいのです。

P1040527121.jpg

コンクリートボンドが乾いた所で、今度は、「シリコン 凹凸外かべ用」を塗ります。
「シリコン 凹凸外かべ用」は、結構厚みを持たせて塗装するので、下地のコンクリートボンドの色が、全く気にならなくなりました。
「シリコン 凹凸外かべ用」の色が、「ホワイト」なので、周りの「オフホワイト」から浮いてしまっています。

P1040532122.jpg

「シリコン 凹凸外かべ用」が、乾いた所で、今度は、「オフホワイト」のペンキ塗装です。
これで、周りと同じ色となり、調和することとなります。

SBCA0429124.jpg

昔、本格的にプラモデルを作成していた、コンソメチップス(兄)としては、塗装に結構気を使いました。
特に、ペンキを塗る時は、十二分にペンキを撹拌することが重要となってきます。同じペンキを使っていても、撹拌が不十分だと、色が違ってしまいます。
プロのペンキ屋さんは、一斗缶の中で、攪拌機を使い、何分も撹拌して塗料を使用しております。

素人では、そこまで出来ませんが、ペンキを使用する時は、『撹拌』に気を付けて塗料を使用すると統一感が出てくると思います。

っと言ったところで、天井塗装の作業は、終了となります。







ブログランキングに参加しております。記事がタメになりましたら1クリックして下さい。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
応援いただき、本当にありがとうございます。

Vol.35 DIYにてリフォーム-27(天井塗装(2回目):2011年04月23日)

2018年08月01日 00:09

不動産投資物件の「DIY:リフォーム」本日2011年04月23日(土)の作業内容です。

本日は、コンソメチップス(兄)一人での作業になります。

作業内容は、天井の塗装になります。

前回の「Vol.34 DIYにてリフォーム-26(天井塗装(1回目):2011年04月16日)」では、写真を撮りませんでしたが、今回は、写真を撮りました!!

やることは、「シリコン 凹凸外かべ用」を塗り、「オフホワイト」のペンキを塗るだけです。

SBCA0342113.jpg

SBCA0344114.jpg

天井周りの木枠に、養生を新聞紙で行っています。
「布テープ付コロナマスカー」を購入するればいいのですが、お金がかかりますので、新聞紙で行ってしまいました。

本日で、2部屋の天井の塗装が完了ですが・・・、若干、下地が甘かったせいで、塗り残しがありました。
次回は、塗り残しの補修となります。

っと言ったところで、作業終了です。







ブログランキングに参加しております。記事がタメになりましたら1クリックして下さい。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
応援いただき、本当にありがとうございます。

Vol.34 DIYにてリフォーム-26(天井塗装(1回目):2011年04月16日)

2018年07月03日 23:18

不動産投資物件の「DIY:リフォーム」本日2011年04月16日(土)の作業内容です。

本日は、コンソメチップス(兄)の父親が手伝いに来てくれました。

作業内容は、天井の塗装と、残材の排出になります。

天井の塗装に関しては、一切写真を撮りませんでした。

とは言っても、やっていることは、前々回「Vol.32 DIYにてリフォーム-24(天井塗装(プライマー):2011年03月25日)」で塗装した、「シリコン 凹凸外かべ用」を塗るだけです。

専用のローラーに、長い柄を取り付けて、天井を塗るだけ!床が出来ていないので、塗料垂れしても問題なしです。

その他に、隙間が開いている所に、「バックアップ材」と「コーキング」を詰めて見た目を向上させます。

SBCA0298109.jpg

SBCA0303111.jpg

隙間を、コーキングで埋めてもいいのですが、それには、かなりの量のコーキングが必要で、費用がかさんでしまいます。
バックアップ材と言う、発泡スチロールの様なもので隙間を少なくして。

SBCA0302110.jpg

そして、残った隙間をコーキングで覆えば、隙間が消えてしまいます。


そして、解体が終了した12、1月頃に行った廃材の搬出の残りを、家に持ち帰り捨てる準備を行いました。
木材は、裁断して一般ごみとして廃棄!
エアコン、キッチンの金属部分は、後日「鉄ゴミ屋さん」に持っていき、換金してきました。

SBCA0304112.jpg

これで、大分 物件の部屋がキレイになりました。







ブログランキングに参加しております。記事がタメになりましたら1クリックして下さい。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
応援いただき、本当にありがとうございます。