Vol.50 DIYにてリフォーム-42(電気・塗装工事:2011年09月03日)

2018年03月13日 23:08

不動産投資物件の「DIY:リフォーム」本日2011年09月03日(土)の作業内容です。

本日は、現場の進捗を確認しに行きました。
また、トイレの床にクッションフロアをDIYにて施工。

前回の「Vol.49 DIYにてリフォーム-41(クロス:2011年08月28日)」より電気工事と塗装工事が完了しておりますs。

電気工事に関しては、「スイッチ」「コンセント」を支給としました。っと言うか、ネットで購入してしまったので、支給せざるを得ませんでした。
しかし、結果 工事代金は、安くなったと思います。電気工事の業者さんに材料をお願いしたとしても、仕入れ価格で販売してくれる訳ではなく、手配等にかかる経費がのってきますので。
電気工事を安くお願いするのは、現場の職人さんに直接工事(職人さんの会社を通さない)をお願いすることですが・・・それは、あくまで同じ現場で、こちらは附帯で電気工事(職人さんは片手間)をお願いする時の話ですがね。

3,4年前は、お金のやり取りだと職人さん直で請求書・領収書のやり取りが面倒だったので「ビール券」なんかを渡していましたね。

写真は、キッチンの「給湯器のコントローラ」と「電気スイッチ」になります。 P1050902343.jpg


前回クロスを張って部屋の雰囲気がガラリと変わりましたが、塗装工事が入るとさらに部屋に統一感が出て来ます。
今まで、建具枠の木材にステインで色塗りしましたが、クロスと色を合わせて「白」で塗装をお願いしました。

【リビング】塗装前
P1050828334.jpg
塗装後
P1050914344.jpg

【和室】塗装前
P1050856341.jpg
塗装後
P1050932346.jpg

【洋室】塗装前
P1050835340.jpg
塗装後
P1050968349.jpg

最後の報告は、トイレのクッションフロア 通称CF と言われるモノの施工です。
施工前
P1050875342.jpg

一応、トイレですので掃除がてらしっかり除菌も行いました。
トイレットペーパーをひいて、サンポールを大量にかけてしばらく放置しました。
P1050924345.jpg

クッションフロア用のボンドを、床面にまんべんなく塗布!
専用の幅広ヘラもついていたので、簡単に完了です。
P1050941347.jpg

最後に、クッションフロアを張って終了です。
ちなみに、
1、前に行った時に、クッションフロアを広げて平らに均しておきました。
2、サンポールで清掃した後に、クッションフロアを丁度の大きさに切っておきました。
P1050945348.jpg

っと言うことで、本日の作業は終了となります。
素人としては、そこそこしっかり施工が出来たと思います。
正直、「そこそこ」が通用するのが賃貸物件の良い所ではないでしょうか!これが、自分の家の新築工事でプロの仕事なら確実にクレームになりますからね。

※クッションフロア専用のカッターがあるとか!
※排水管の所を、丸く切るカッターがあるとか!
正直、専用工具があればもっとうまく出来てたかもしれません。

クッションフロア用ぴったりカッター(CF用ぴったりカッター)【あす楽対応】

価格:2,980円
(2016/10/7 23:51時点)
感想(144件)


クッションフロア用接着剤FGボンド100 FGボンド100 3kg

価格:2,047円
(2016/10/7 23:55時点)
感想(0件)









ブログランキングに参加しております。記事がタメになりましたら1クリックして下さい。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
応援いただき、本当にありがとうございます。

スウェーデンハウス 歴史

2018年02月01日 00:00

スウェーデンハウス 歴史

スウェーデンハウスの親会社は、トーモクというダンボールのメーカーです。
トーモクという会社は北海道にあります。

なぜ、ダンボール会社が親会社なのでしょうか。
今から40数年前から、トーモクではダンボールの材料として、スウェーデンから木材の輸入を始めました。
スウェーデンの木材はとても良質な木材ですので、そこに目をつけたのでしょう。

スウェーデンという土地は、冬の間は住宅を作ることが出来ません。
ですので、スウェーデンでは、冬の間にサマーハウス用の壁材やパネルを作り貯めしているのです。
ですので、スウェーデンは夏になると一斉に住宅が建ち始めるのが特徴です。

そのスウェーデンの特徴を知ったトーモクでは、サマーハウス用の壁パネルを輸入し、住宅建築へ利用したのです。

スウェーデンの家を実際に石狩郡に建て、スウェーデンの家の性能や良さを実証し、日本でもスウェーデンハウスが徐々に浸透してきたのです。

スウェーデンの家作りの特徴に着目したトーモクには脱帽ですよね。







ブログランキングに参加しております。記事がタメになりましたら1クリックして下さい。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
応援いただき、本当にありがとうございます。

タマホーム 商品の特徴

2017年09月10日 03:20

タマホーム 商品の特徴

タマホームは、「大安心の家シリーズ」「大地の家」「楽楽の家」「木望の家」という商品があります。

「大安心の家」の商品の特徴は、自由設計、オール電化、豊富な設備仕様で、充実家作りを実現することができます。

そのうえ、長期優良住宅対応となり、新たに生まれかわりました。

大安心の家には、「愛」「暖」という商品もあり、それぞれお客様のライフプランなどにあった商品を選ぶことができます。

「大地の家」の商品の特徴は、自由設計で長期優良住宅対応の家です。
北海道の方のために開発された商品で、高耐久・高耐震に加え、外気温に左右されない断熱性・機密性に富んだ住宅となっています。

「楽楽の家」の商品の特徴は、都市型2階建て住宅です。
狭小敷地でも空間を最大限に生かすことで、楽に住むことが出来る家を追求した商品です。

「木望の家」の商品の特徴は、都市型3階建て住宅です。
狭小敷地や、変形敷地でも対応可能な木望の家。3階建てというメリットを生かし、採光や風の流れを感じることが出来る商品です。







ブログランキングに参加しております。記事がタメになりましたら1クリックして下さい。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
応援いただき、本当にありがとうございます。