住友不動産 商品の特徴

2011年01月06日 01:13

住友不動産 商品の特徴

住友不動産は2つのブランドで、お客様のニーズにこたえています。

「アメリカン」の商品の特徴・・・
アメリカの豊かで合理的な住宅をイメージした住宅です。

「ジャパニーズ」の商品の特徴・・・
日本の良き伝統を仕様した、和モダンな住宅です。

「ドリーム」の商品の特徴・・・
2階建ての予算で3階建てを実現した住宅です。

「灰グレードシリーズ」の商品の特徴・・・
同じ間取りですが世界6カ国の外観デザインを選ぶことができます。

「ヴァローレ」の商品の特徴・・・
健康仕様を標準装備した南欧風の住宅です。

「デュミナス」の商品の特徴・・・
南欧風の住宅で太陽の光を取り込む住宅です。

「アクト3セレステ」の商品の特徴・・・
南欧風の外観と、健康仕様を装備した3階建ての住宅です。

「J・URBAN COURT」の商品の特徴・・・
伝統的な町並みにも融合する和モダンな住宅です。

「J・URBAN」の商品の特徴・・・
都市部にあった洗練されたデザインの住宅です。

「J・URBANⅢ」の商品の特徴・・・
都市型3階建ての住宅です。







ブログランキングに参加しております。記事がタメになりましたら1クリックして下さい。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
応援いただき、本当にありがとうございます。

住友不動産 歴史

2010年07月05日 01:08

住友不動産 歴史

住友不動産は、旧住友財閥のグループ会社です。

住友不動産は、住友不動産が出資し、住友不動産ホームとして1982年に戸建て住宅ハウスメーカーとして設立されました。

設立当初は、北米の輸入住宅に力を入れていました。
そして、その時期、1ドル100円を切っていた円高時代でしたので、坪単価25万円前後のローコストの住宅として売り出していました。
その時代の商品が「アメリカンコンフォート」という商品です。

このアメリカンコンフォートは、あらかじめ決められた間取りの中から選ぶ商品でした。
アメリカンコンフォートという名前の通り、アメリカ仕様といわれる商品でしたので、延床面積が50坪を超える大きな間取りでしたので、都会ではほとんど売れず、郊外でしか売れませんでした。

2000年代になると、円高ではなくドル高になってしまい、輸入住宅のブームは終わってしまいました。
そのため、2002年には親会社である住友不動産に事業統合され、現在の住友不動産という形になっています。







ブログランキングに参加しております。記事がタメになりましたら1クリックして下さい。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
応援いただき、本当にありがとうございます。

住友不動産 特徴

2010年06月30日 12:37

住友不動産 特徴

住友不動産の特徴は、やはりデザインで商品がわかれているという点です。

「ワールドデザインシリーズ」では、アメリカとヨーロッパを中心にした地域の様式でデザインされており、とてもスタイリッシュな住宅となっています。
種類は15種類用意されており、好きな国や地域の住宅を選ぶことが出来ます。

「J-URBAN」では、ガラスやメタルなどを多く使用することで、建築家がデザインしたようなデザイン住宅のような住宅を作ることが出来ます。
中庭などをとりいれたり、吹き抜けをとりいれたりと、とてもデザイン性が良く、人気のある商品です。

この「J-URBAN」は、グッドデザイン賞を4年連続で受賞している商品です。
都会的なデザインであり、モダンな印象をうけます。
外観デザイン・空間デザイン・設備・仕様などメニューの中から好きなものを選ぶことが出来るので、自分好みの家を建てることが可能になるのです。

また、大手ハウスメーカーでは、保証期間を設けています。
住友不動産も、保証期間を設けていますが、10年間無償点検を行い、その後は有償点検となり、最長20年までの保証と少し短めの保証期間となっています。







ブログランキングに参加しております。記事がタメになりましたら1クリックして下さい。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
応援いただき、本当にありがとうございます。