Vol.4 本を購入「デザインで選ぶ住まいの設備(2009)」

2016年09月25日 00:56

前回の「Vol.3 本を購入「家づくりのコストを賢く下げる102の方法」」に続き、設備カタログの本を購入して来ました。

理由は、前回のコストを下げる本で、建材・設備を見直すことにより、建築コストを下げることが出来るっと言うことで、少ないながら 建材・設備のカタログが掲載されていました。
それならば、専門カタログを見た方が、品物も沢山掲載されて効率がいいと思ったからです。

実際、ハウスメーカー等で、家を建てる場合、ハウスメーカー側がどのように設備の提案をしていくのかは、不明であるが…水回り関係の設備で、TOTOのショールームに行ってきた人の話は、よく 聞く。
TOTOショールーム案内HP

っと言うことで、今からどのような設備にしたいか この本で考えてみたいと思う。

-------------------------


デザインで選ぶ住まいの設備(2009)

第1章:建築家とつくる理想のキッチン
第2章:テーマで選ぶキッチンメーカーカタログ
第3章:キッチン専門ショップとつくる機能美のキッチン
第4章:インテリアショップとつくるモダンキッチン
第5章:キッチン設備カタログ
第6章:バス&サニタリーの最新空間&設備カタログ
第7章:ホームシアターのこだわり方&設備カタログ
第8章:リビングパーツカタログ

出版社: エイ出版社
ページ数: 192p
発行年月: 2008年11月
-------------------------

当たり前であるが、このカタログ本に、掲載されている設備は、全体からすれば、ほんの一部である。

しかし、各設備のメーカーと言うのは、そう何十社とあるものでなないと思うので、主要メーカーが分かるだけでもいい、後は、ネットで検索していくだけですからね。
この設備の主要メーカに関しては、HPのリンク集の様なものを作って行きたいと思っています。

それにしても、家づくりの「Vol.2 親への相談」の結果がはっきりしないので、具体的に動くことが出来ません。








ブログランキングに参加しております。記事がタメになりましたら1クリックして下さい。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
応援いただき、本当にありがとうございます。

Vol.5 練馬住宅展示場に行く

2016年05月30日 23:41

初めて「練馬住宅展示場に行ってきました。(2009年11月頃)
っと言っても、通りがかったので少し寄った程度ですけど。

家を建てるにあたり 親の意向が重要となってくるが、実際まだ親からの結果がもらえていない状況であった為、住宅展示場の雰囲気を味わってきた感じです。

その中で、気になったのが、どのハウスメーカーも、「賃貸併用住宅」を全面に売り出していたということです。

この不況ですから、土地を持っている方は、賃貸経営で少しでもお金を稼ぎたいと言う要望から生まれた建物でしょう。

次回行く時は、親から結果をもらい、デジカメを持参して行ってきたいと思います。

練馬住宅展示場
住所:東京都練馬区豊玉北3-19
電話番号:03-3948-6533
開場時間:10:00~18:00
出展棟数:10棟
   ・旭化成ヘーベルハウス
   ・エス・バイ・エル
   ・住友林業
   ・セキスイハイム
   ・積水ハウス
   ・三井ホーム【2010年01月24日見学】
   ・積水ハウス(シャーウッド)
   ・大和ハウス工業
   ・パナホーム エルイデオ
   ・ミサワホーム


大きな地図で見る









ブログランキングに参加しております。記事がタメになりましたら1クリックして下さい。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
応援いただき、本当にありがとうございます。

Vol.11 家づくり断念

2010年10月03日 11:48

Vol.6 親から結果報告」 っと言うことで、親からは 「庭に、もう1棟 家を新築する」方向で了承をもらいました。

しかし、「家づくりを、断念する」 ことにしました。

理由は、いくつかあります。
親としては、一度 庭に新築を建てることを了承しまいたが、どうも積極的に納得することが出来なかった様です。
アパート経営の件も、そうですが、今ある家に2世帯として住めば、私たち家族に、住宅ローン返済も発生しないし、賃料も発生しない、お金に余裕が出来るではないか!っと言うことでした。

確かに一利は、ありますが、奥さんが両親と住むことに若干抵抗があるのが、感じとれました。
ですから、新築を予定したので、本末転倒になってしまいます。

また、親が計画している アパート経営ですが、少しでも参考になればと付き合いのある「大東建託さん」に見積もり等 お願いをしたんですが・・・見積もり時に、住所等教えたことが納得出来なかった様です。
(住所を教えてことにより、登記等見られる=個人情報が見られる って、いい気持ちがしなかったようです。)

っとは言え、時間を取って打ち合わせをして、結局一度も親が大東建託の担当者とあうことはありませんでした。

私としては、善意で打ち合わせ等行ったんですが、こちらの善意を一滴も汲み取ろうとはしない、自分勝手な親とは、もう決別です!!

ですので、家づくりは、親が死去してから行います。
でも、家づくりに関しては、まだまだ勉強していきますから、ブログは継続して行き、情報を提供して行きたいと思っています。








ブログランキングに参加しております。記事がタメになりましたら1クリックして下さい。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
応援いただき、本当にありがとうございます。