FC2ブログ

Vol.23 畳廃棄(2011年02月06日)

2018年01月08日 16:04

不動産投資物件の「DIY:リフォーム」本日2011年02月06日(日)の作業内容です。

本日は、コンソメチップス(兄)の父親が、リフォームの手伝いに来てくれました。

っとは言っても、本日の作業内容は、「畳の廃棄」です。

以前、「Vol.20 畳搬出(2011年01月16日)で、家に運んだ畳を、東京都行政(板橋区)の清掃局に持って行きます。

事前に、東京都の粗大ごみ受付センターに電話(03-5296-7000)に予約を入れておきます。
そうすると、「名前」「住所」「何を捨てたいのか?」「取りに行くのか?直接持ち込むのか?」「回収予定日」等々、聞かれます。

東京都の中でも、行政区によって、粗大ごみの取り扱いはかなり違って来ます。
ちなみに・・・
板橋区の場合:http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/000/000222.html
・365日稼働
・持込も可能(西台粗大ごみセンター:板橋区西台2-39-11)
  (1回につき、10個まで)

練馬区の場合:http://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/gomi/wakekata/sodai.html
・稼働日 不明
・持込も可能(練馬区資源循環センター:練馬区谷原1-2-20)

中野区の場合:http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/223000/d001386.html
・稼働日 不明
・持込は、受け付けていない

コンソメチップス(兄)の住居・実家・奥さんの実家がある、上記3区については、一応調べましたが、一番板橋区が、利便性がいいと判断して申込みをしました。


そして、粗大ごみ受付センターとの受け答えで、粗大ごみ処理にかかる費用を教えてもらえるので、担当行政区の粗大ごみ券を、コンビニ等で購入して持ってくるよう言われます。


ちなみに今回の畳処分(本畳10枚)費用は、「4,500円」っとなりました。
以前、「Vol.16 畳処理費用 比較」(←練馬区)で、調べたのより、若干安くなっています。

そして、西台粗大ごみセンターに軽トラに畳を積んで行き、畳を自分で降ろして、作業完了です。
っとは言っても、1回の持込が10個までなので、あともう1回いかないと全ての畳は、処分できません。






ブログランキングに参加しております。記事がタメになりましたら1クリックして下さい。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
応援いただき、本当にありがとうございます。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)