漏電ブレーカ交換費用[パナソニックショップ]

2016年12月19日 12:45

投資物件の漏電ブレーカーが壊れてしまったので、近くのパナソニックショップに交換をお願いをしました。

お願いしたパナソニックショップは、下記の通りです。
パナソニック コンシューマーマーケティング株式会社スーパーパナソニックショップ:(株)丸山電化サービス

パナソニックショップとは、パナソニックの製品を取次・販売する特約店の通称であり、パナソニックが運営している訳ではありません。


代金は、25,920円(税込) となっております。
scan1665.jpg
※物件を管理している不動産屋さんから来た見積もりは、27,700円(税込)でした。


作業内容は・・・
1、漏電ブレーカ(パナソニック製 BJW3303) の取付
※東京電力の方に、既存の漏電ブレーカーを取り外して 過電流ブレーカーより直接配線してもらっていました。
2、過電流ブレーカー より 漏電ブレーカー へ渡り線の配線
※東京電力の方が、渡り線を切断してしまったのかな?漏電ブレーカーは、付いていたんだから渡り線を圧着して接続してくれれば良かったのに!

IMG_51741662.jpg
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
IMG_52011661.jpg


ってことで、作業時間は30分もかかっていなかったかな。事前準備等も合わせても、1時間もかかっていないのでは?

パナソニック BJW3303 漏電ブレーカBJW-30型 3P3E OC付 30A 30mA

価格:4,225円
(2016/1/5 14:33時点)
感想(0件)



取り付けた、漏電ブレーカーは、上記の商品【4,225円(税込)】となります。

となると、労務費(諸経費込)は、21,695円となります。
これを、高いと感じるか?安いと感じるか?は、これからの電気工事・サービス対応で変わって行きます。

電気関係で不具合があった場合、投資物件が、遠いのでどうしても、電話での依頼となり、コンソメチップス(兄)が立ち会えない状況での修理となります。
そこを、うまく住居人の方とやり取りを行ってもらい電気修理してもらえれば、力強いパートナーと成り得るんですけどね。
ちなみに、コンソメチップス(兄)昨年「第二種電気工事士」の資格を取得しているので、漏電ブレーカーの取替え作業は行えます。







ブログランキングに参加しております。記事がタメになりましたら1クリックして下さい。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
応援いただき、本当にありがとうございます。

施工管理技士 独学サポート事務局 評価(詐欺業者注意)

2016年11月20日 23:52

「独学サポート事務局」と言う資格受験の詐欺業者がいるので注意下さい。
(ブログ内容とは違いますが、被害者にあわれる方が少なくなればと思い記事にしまいた。)

平成28年度建築施工管理技士(実地試験)を受験するにあたり、実務経験がほぼ無いコンソメチップス(兄)としては「施工経験記述」と言う、建築現場で仕事をした経験を論文にする問題がが一番の難題となります。

そこで、「施工記述を代理作成」してくれるサービスがあると言う「独学サポート事務局」のサービスを使うこととしました。
基本サポート:6,800円
作文作成代行:9,200円
合計:16,000円

ある程度こちらの希望(工事件名、工期、工事場所、立場、工事概要)に沿って論文作成代行を行ってもらえます。
(コンソメチップス(兄)は、DIYした物件の「内装工事」について論文作成依頼)

2週間の期間後、論文が送られてきましたが・・・内容が「試験の施工経験記述問題」に対応出来ていない出来損ないが送られてきました。
※SNSでも「役に立たない」等のコメントがされておりました。
ここまでなら、「役に立たないサービス」をしている業者と言うこととなります。

しかし、論文内容に対して「質問フォーム」より質問しても応答無し。「メール」で質問しても応答無し。「電話」をかけても自動応答が流れるだけ。
こちらからの問いに対して、連絡がつかない言うことで「詐欺業者」であると判断させて頂きました。

少し調べてみると、Yahoo!知恵袋で「インターネット業者の電話番号ってわかりませんでしょうか?」って質問がされております。
結構しっかりしたホームページ・パンフレットが作成されているので、会社的に大丈夫かと思っていましたが詐欺業者でした。くれぐれも、施工管理技士の資格を受験する方は、気を付けて下さいね。

16,000円は諦めますが、コンソメチップス(兄)の個人情報が取られているのが心配です。




ブログランキングに参加しております。記事がタメになりましたら1クリックして下さい。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
応援いただき、本当にありがとうございます。

Vol.50 DIYにてリフォーム-42(電気・塗装工事:2011年09月03日)

2016年10月07日 23:08

不動産投資物件の「DIY:リフォーム」本日2011年09月03日(土)の作業内容です。

本日は、現場の進捗を確認しに行きました。
また、トイレの床にクッションフロアをDIYにて施工。

前回の「Vol.49 DIYにてリフォーム-41(クロス:2011年08月28日)」より電気工事と塗装工事が完了しておりますs。

電気工事に関しては、「スイッチ」「コンセント」を支給としました。っと言うか、ネットで購入してしまったので、支給せざるを得ませんでした。
しかし、結果 工事代金は、安くなったと思います。電気工事の業者さんに材料をお願いしたとしても、仕入れ価格で販売してくれる訳ではなく、手配等にかかる経費がのってきますので。
電気工事を安くお願いするのは、現場の職人さんに直接工事(職人さんの会社を通さない)をお願いすることですが・・・それは、あくまで同じ現場で、こちらは附帯で電気工事(職人さんは片手間)をお願いする時の話ですがね。

3,4年前は、お金のやり取りだと職人さん直で請求書・領収書のやり取りが面倒だったので「ビール券」なんかを渡していましたね。

写真は、キッチンの「給湯器のコントローラ」と「電気スイッチ」になります。 P1050902343.jpg


前回クロスを張って部屋の雰囲気がガラリと変わりましたが、塗装工事が入るとさらに部屋に統一感が出て来ます。
今まで、建具枠の木材にステインで色塗りしましたが、クロスと色を合わせて「白」で塗装をお願いしました。

【リビング】塗装前
P1050828334.jpg
塗装後
P1050914344.jpg

【和室】塗装前
P1050856341.jpg
塗装後
P1050932346.jpg

【洋室】塗装前
P1050835340.jpg
塗装後
P1050968349.jpg

最後の報告は、トイレのクッションフロア 通称CF と言われるモノの施工です。
施工前
P1050875342.jpg

一応、トイレですので掃除がてらしっかり除菌も行いました。
トイレットペーパーをひいて、サンポールを大量にかけてしばらく放置しました。
P1050924345.jpg

クッションフロア用のボンドを、床面にまんべんなく塗布!
専用の幅広ヘラもついていたので、簡単に完了です。
P1050941347.jpg

最後に、クッションフロアを張って終了です。
ちなみに、
1、前に行った時に、クッションフロアを広げて平らに均しておきました。
2、サンポールで清掃した後に、クッションフロアを丁度の大きさに切っておきました。
P1050945348.jpg

っと言うことで、本日の作業は終了となります。
素人としては、そこそこしっかり施工が出来たと思います。
正直、「そこそこ」が通用するのが賃貸物件の良い所ではないでしょうか!これが、自分の家の新築工事でプロの仕事なら確実にクレームになりますからね。

※クッションフロア専用のカッターがあるとか!
※排水管の所を、丸く切るカッターがあるとか!
正直、専用工具があればもっとうまく出来てたかもしれません。

クッションフロア用ぴったりカッター(CF用ぴったりカッター)【あす楽対応】

価格:2,980円
(2016/10/7 23:51時点)
感想(144件)


クッションフロア用接着剤FGボンド100 FGボンド100 3kg

価格:2,047円
(2016/10/7 23:55時点)
感想(0件)









ブログランキングに参加しております。記事がタメになりましたら1クリックして下さい。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
応援いただき、本当にありがとうございます。