光熱費ゼロ住宅

2017年07月12日 01:25

光熱費ゼロ住宅

家計をやりくりしている主婦なら理解できると思いますが、光熱費というものは案外、お金を食うものです。
旦那様からしてみたら、「光熱費なんて、ちょっとした金額だろ?」と思う方も多いでしょうが、実は年間の光熱費を計算すると、金利の10%ほどにあたるとも言われています。

光熱費をゼロにするにはどうしたらいいのか?
家を作る際、光熱費をゼロにする工夫をすればいいのです。
オール電化にすることや、断熱材を投入するなど、光熱費をゼロに近づける方法は様々あります。

住宅の大きさによって違いは出てきますが、140平方メートルの面積で20万円の節約になるといわれています。
1年間に20万円もの節約になるのであれば、かなり助かりますよね。

オール電化にする場合、数十万円かかってしまいます。
また、断熱材の投入など様々なものを設備するには、初期費用で150万円程度かかってしまいますが、一生住む家であれば、光熱費ゼロ住宅はとてもお得な住宅なのではないでしょうか。








ブログランキングに参加しております。記事がタメになりましたら1クリックして下さい。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
応援いただき、本当にありがとうございます。

Vol.5 練馬住宅展示場に行く

2017年06月13日 23:41

初めて「練馬住宅展示場に行ってきました。(2009年11月頃)
っと言っても、通りがかったので少し寄った程度ですけど。

家を建てるにあたり 親の意向が重要となってくるが、実際まだ親からの結果がもらえていない状況であった為、住宅展示場の雰囲気を味わってきた感じです。

その中で、気になったのが、どのハウスメーカーも、「賃貸併用住宅」を全面に売り出していたということです。

この不況ですから、土地を持っている方は、賃貸経営で少しでもお金を稼ぎたいと言う要望から生まれた建物でしょう。

次回行く時は、親から結果をもらい、デジカメを持参して行ってきたいと思います。

練馬住宅展示場
住所:東京都練馬区豊玉北3-19
電話番号:03-3948-6533
開場時間:10:00~18:00
出展棟数:10棟
   ・旭化成ヘーベルハウス
   ・エス・バイ・エル
   ・住友林業
   ・セキスイハイム
   ・積水ハウス
   ・三井ホーム【2010年01月24日見学】
   ・積水ハウス(シャーウッド)
   ・大和ハウス工業
   ・パナホーム エルイデオ
   ・ミサワホーム


大きな地図で見る









ブログランキングに参加しております。記事がタメになりましたら1クリックして下さい。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
応援いただき、本当にありがとうございます。

Vol.4 本を購入「デザインで選ぶ住まいの設備(2009)」

2017年05月15日 00:56

前回の「Vol.3 本を購入「家づくりのコストを賢く下げる102の方法」」に続き、設備カタログの本を購入して来ました。

理由は、前回のコストを下げる本で、建材・設備を見直すことにより、建築コストを下げることが出来るっと言うことで、少ないながら 建材・設備のカタログが掲載されていました。
それならば、専門カタログを見た方が、品物も沢山掲載されて効率がいいと思ったからです。

実際、ハウスメーカー等で、家を建てる場合、ハウスメーカー側がどのように設備の提案をしていくのかは、不明であるが…水回り関係の設備で、TOTOのショールームに行ってきた人の話は、よく 聞く。
TOTOショールーム案内HP

っと言うことで、今からどのような設備にしたいか この本で考えてみたいと思う。

-------------------------


デザインで選ぶ住まいの設備(2009)

第1章:建築家とつくる理想のキッチン
第2章:テーマで選ぶキッチンメーカーカタログ
第3章:キッチン専門ショップとつくる機能美のキッチン
第4章:インテリアショップとつくるモダンキッチン
第5章:キッチン設備カタログ
第6章:バス&サニタリーの最新空間&設備カタログ
第7章:ホームシアターのこだわり方&設備カタログ
第8章:リビングパーツカタログ

出版社: エイ出版社
ページ数: 192p
発行年月: 2008年11月
-------------------------

当たり前であるが、このカタログ本に、掲載されている設備は、全体からすれば、ほんの一部である。

しかし、各設備のメーカーと言うのは、そう何十社とあるものでなないと思うので、主要メーカーが分かるだけでもいい、後は、ネットで検索していくだけですからね。
この設備の主要メーカに関しては、HPのリンク集の様なものを作って行きたいと思っています。

それにしても、家づくりの「Vol.2 親への相談」の結果がはっきりしないので、具体的に動くことが出来ません。








ブログランキングに参加しております。記事がタメになりましたら1クリックして下さい。
にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
応援いただき、本当にありがとうございます。